トップページ > 学習塾の口コミ・体験談

学習塾の口コミ・体験談


学習塾と家庭教師ってどっちがいいの?

学力の補強を同じ目的とする学習塾や家庭教師。大きな違いは金額だけではありません。
勉強スタイルが大きく変わりますので、生徒の理解度・勉強へのモチベーションにももちろん変化を来たします。
例えば、学校の通知表成績がオール5のような学校内のトップクラスのお子さまには集団授業の学習塾や進学塾がおすすめです。学校内にライバルがいないため、更にハイレベルな学習塾や進学塾でライバルと出会い競争し、闘争心を燃やすことで更なる学力アップを目指せます。
逆に通知表に1や2のあるお子さまは個別指導の学習塾や家庭教師がオススメです。
学校では周りの生徒さんの目もあり先生に聞きづらいなど、そういった悩みをお持ちのお子さまにも、個別指導塾講師や家庭教師ならほぼマンツーマンで教えてくれるため、気軽に分からない箇所を教えてくれます。

じゃあ、どこの塾がオススメですか?

保護者の方はまずどこの塾がオススメか気になりますよね
「お子様のお友達が通っているからその塾に通わせよう」とか
「有名塾講師が教えている塾が近所に出来たからそこに通わせよう」とか
そんな塾の選び方はもう古いのです。
高い月謝を払ってお子様を塾に通わせても、お子さまのスタディスタイルに合わなければ勉強ははかどりません!
お友達が通っているからそこがいい塾か?それは違います。
お友達が通っている塾はお友達にあった塾です。お子さまにあう塾かどうかは分かりませんので注意が必要です。
合わないスタイルを押し付けるともしかしたら勉強のキライな子になってしまうかも…
「うちはうち、よそはよそ」なんてお子さんに言っていませんか?
そうです。他所の家庭のお子さんにもそれぞれ向いている塾、向かない塾があります。
同じように「うちはうち」なのです。
お子さまの勉強スタイルと現在の成績、得意不得意、好き嫌い…これらとお子さまの希望される学習塾や家庭教師、おけいこなどを総括し慎重に塾選びをするのがコツですね。

長く続けて勉強する習慣を身に着けてほしいけど、入ってみた塾が合わなかったら?

突然塾に飛び入りしても全く知らない土地にお子さまを送り込むことになります。
それはお子さまのストレスにしかなりません。
気になる塾をピックアップしたら、

1.問合せ まずは一本の電話から。
電話越しの相手の言葉遣いや、後ろの声に耳を澄ましてください。
可能であればそれとなく今の時間帯は授業中ですか?と聞いてみましょう。
授業中であれば静かで生徒たちが集中して勉学に取り組めているか分かります。
また休憩中であれば講師と生徒の楽しげな話し声が聞こえてくるかもしれません。
このように小さなところから内部の様子を探ってみるのもアリではないでしょうか。
2.塾訪問 お子さま、保護者様に塾内の雰囲気を肌で感じていただきます。
ただし、塾には当日授業を担当している講師しかいない場合もございます。
お問い合わせの時点で担当の方に必ずアポイントメントをとるようにしましょう。
3.授業体験 実際にお子さまに授業を体験していただきます。
最近は実際の授業を無料体験できる塾も増えてきました。
お子さまの塾選びは進路にも影響する重要な選択です。
手順を踏んでお子さまにぴったりな塾を見つけましょう!

「学習塾」の検索結果(Yahoo! 知恵袋)≫検索結果をすべて見る